会員様限定のお得なオンラインショッピング
EXAmallエキスパートアライアンス

買物カゴを見る

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • ホーム > EXAモール会員規約
    • EXAモール会員規約

      第1章 総 則

      第1条(会員規約)

      この会員規約(以下「本規約」といいます。)は、エキスパートアライアンス株式会社(以下「会社」といいます。)が運営するEXAモールを利用するすべての会員に適用します。

      第2条(定義)

      1. 「EXAモール」とは、会社が提供するインターネット上のショッピングサイトをいいます。また、会社が作成する書面に当該サイトの商品・サービス等を掲載し、当該書面(以下「EXAモール商品カタログ」といいます。)を利用した取引も含みます。
      2. 「AG」とは、エージェントの略称で、会社所定の手続きにより会社がエージェント登録を承諾したものをいいます。AGは、会社の商品・サービス並びにエージェント募集等を行うことができます。
      3. 「会員」とは、会社所定の方法によりEXAモール会員登録をした個人および法人をいいます。
      4. 「取引」とは、会員がEXAモールを利用して行う、商品・サービス等の購入に伴う一連の行為をいいます。
      5. 「本規約等」とは、本規約および会員向けに定められている各種規程等、注意事項、指示事項等をいいます。
      6. 「会員情報」とは、会員が会社に開示した情報および会員の取引に関する履歴等の情報をいいます。

      第3条(会員情報の取扱)

      1. 会社は、会員情報を会社のプライバシーポリシーに従い取り扱います。
      2. 前項にかかわらず、会社は、会員の中から抽選等の手段により、各種プレゼント企画等を提供することがあります。この場合、会社は、当該企画による当選者の氏名(法人の場合は名称)および住所(都道府県のみ)を会社のインターネットサイトなどに掲載することがあります。

      第2章 会 員

      第4条(会員登録の要件)

      EXAモールの会員登録(以下「会員登録」といいます。)を申し込む者(以下「申込者」といいます。)は、以下のすべての要件(以下「会員登録要件」といいます。)を満たさなければなりません。

      1. 日本国内に在住する個人または日本国内で登記を行っている法人
      2. 会社からの連絡事項を通知するためのメールアドレスがあること。ただし、会員への通知手段に関し、やむを得ない理由によりメール以外の手段を会社が認めた場合は除きます。
      3. 過去に第16条第1項乃至2項に定める会員登録の取消等により、EXAモールの会員資格を喪失していないこと
      4. 未成年でないこと
      5. 第16条第1項各号のいずれにも該当していないこと

      第5条(会員登録の申込)

      1. EXAモールの利用を希望する者は、前条に定める会員登録要件を確認のうえ、会社所定の方法により、会員登録の申込を行うものとします。
      2. 申込者は、当該申込を行った時点で、本規約の内容に対する承諾があったものとみなします。

      第6条(会員登録の承諾、不承諾)

      1. 会社は、会員登録の申込に関する審査を行い、当該審査の結果、会社が承諾した時点で、会員登録が成立するものとします。
      2. 会社は、会員登録成立後、会社所定の方法により、当該会員に対しユーザIDおよびパスワードを付与するものとします。
      3. 会社は、次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、会員登録の申込を承諾しないものとします。
      4. (1)申込者(会員)が実在しない場合
        (2)申込者(会員)に連絡が取れない場合
        (3)申込者(会員)が第4条に定める会員登録要件を満たしていないと会社が判断した場合

      第7条(ユーザIDおよびパスワード)

      1. 会員は、ユーザーIDおよびパスワード(以下「ID等」といいます。)が他人に知られることがないよう、会員本人が責任をもって管理しなければなりません。なお、会員は、パスワードを定期的および随時変更する等、ID等の漏えい等による不正使用防止措置を講じるよう努めなければなりません。
      2. 会社は、会員から会社所定の方法により通知された当該会員のID等が、登録されたID等と一致することを確認した場合、会員による利用があったものとみなし、それらが盗用、不正使用その他の事情により会員以外の者が利用している場合であっても、それにより生じた損害について一切責任を負いません。

      第8条(会員登録の解約)

      1. 会員は、会員登録の解約を希望する場合には、会社所定の手続を行うことにより、いつでも会員登録を解約することができます。
      2. 会社が提供するEXAモール電子商品券や会社が交付するポイント等会員登録に付随する権利等(以下、「会員登録に付随する権利等」といいます。)は、会社が別に定める規定により当該会員登録の解約日をもって消滅することとなります。

      第9条(会員登録料)

      EXAモールの会員登録料は無料です。

      第3章 会員の義務および制約等

      第10条(会員登録情報の変更)

      1. 会員は、登録した情報に変更が生じた場合は、会社所定の方法により、速やかに変更登録をしなければなりません。
      2. 変更登録をなされなかったことにより生じた損害については、会社は一切責任を負いません。
      3. 変更登録前に手続がなされた取引は、変更登録前の情報に基づいて行われます。

      第11条(譲渡等の禁止)

      会員は、本規約に基づいてEXAモールの提供を受ける権利を第三者に譲渡したり、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供することはできません。

      第12条(禁止事項)

      会員は、次の行為が禁止されています。
      1. 会員登録を二重に登録する行為
      2. 法令または本規約等に違反する行為
      3. 会社および第三者の権利、利益、名誉等を損ねる行為
      4. 公序良俗に反する行為
      5. 他の利用者その他の第三者に迷惑となる行為や不快感を抱かせる行為
      6. 会社に対し虚偽の情報を提供する行為
      7. 有害なコンピュータープログラム、メール等を送信または書き込む行為
      8. 会社のサーバーその他のコンピュータに不正にアクセスする行為
      9. ID等を第三者に貸与または譲渡する行為
      10. ID等を第三者と共用する行為

      第13条(知的財産の保護)

      1. 会員は、会社が承諾した場合を除き、EXAモールを利用して入手した著作物、商標等(以下「知的財産」といいます。)に関し、著作権法その他関連法令等で認められた私的使用の範囲内でのみ利用するものとし、私的使用の範囲を超える利用をしてはなりません。
      2. 会員は、EXAモールを利用して入手したコンピューター・プログラムに対し、逆コンパイルまたはアセンブルを行ってはなりません。また、著作権侵害防止のための技術的保護手段の施されているデータ等に対し、当該手段の回避を行ってはなりません。
      3. 会員は、本条に違反する行為を第三者にさせてはなりません。

      第14条(利用環境の整備)

      1. 会員は、EXAモールを利用するために必要な通信機器、ソフトウエア、その他これらに付随して必要となる機能を、自己の費用と責任において準備し、EXAモールが利用可能な状態に置く必要があります。
      2. 会員は、会社または関係官庁等が提供する情報を参考にして自己の利用環境に応じ、コンピューターウイルスの感染、不正アクセスおよび情報漏えいの防止等セキュリティを保持しなければなりません。

      第15条(クッキー等について)

      1. 会社は、会員としてEXAモールのインターネットサイトにアクセスしたことを認証するため、会員のアクセス履歴および利用状況の調査のため、その他会員に最適なサービスを提供するために、会員が会社のサーバーにアクセスする際のIPアドレスに関する情報、携帯電話端末でアクセスした場合には携帯電話端末の機体識別番号に関する情報およびクッキー(cookie)の技術を使用して会員のアクセス履歴等に関する情報を収集します。
      2. 会員が会員としてEXAモールのインターネットサイトを利用するためには、前項を承諾し、クッキーを受付けることが条件となりますので、ブラウザでクッキーを拒否するための設定を行った場合、EXAモールのインターネットサイトの利用ができない場合があります。

      第16条(会員資格の取消等)

      1. 会社は、会員が次の各号のいずれかに該当する場合、事前に通知することなく、当該会員によるEXAモールの利用停止、または当該会員の会員資格の取消を行うことができるものとします。
      2. (1)会員に法令や本規約等に違反する行為があったと会社が判断した場合
        (2)会員にEXAモールの登録または利用に関し不正行為があったと会社が判断した場合
        (3)会員に公序良俗に反する行為があったと会社が判断した場合
        (4)会員が反社会的勢力に該当すると会社が判断した場合、または反社会的勢力への資金提供等を含む反社会的勢力との関係があると会社が判断した場合
        (5)会員登録承諾後において、会員が第4条第1項第1号乃至5号および第6条第3項第1号乃至2号に該当すると会社が判断した場合
        (6)その他会社が適当と判断した場合
      3. 会社は、次の事項に該当すると判断した場合、事前に通知することなく、当該会員のユーザーIDおよびパスワードの変更、または会員資格の取消を行うことができるものとします。
      4. (1)会員が、一定回数以上のパスワード入力ミスがある等、会員のセキュリティを確保するために必要な場合
        (2)会員が、会社の定める一定の期間内に一定回数のログインを行わなかった場合
      5. 前各項により会員資格が取り消された場合、当該会員登録に付随する権利等は当該会員登録の取り消された日をもって消滅します。

      第4章 サービスの利用

      第17条(EXAモールの利用)

      1. 会員は、EXAモールの利用に際し、本規約等を遵守し、EXAモールのインターネットサイト(https://examall.jp/)に記載されている商品・サービス等に関する内容、注意事項その他条件等を十分によくお読みいただきご理解いただいたうえで利用しなければなりません。
      2. 会員の属性、決済方法、EXAモールの利用手段等により、特定の商品・サービス等を購入できない等提供内容が異なる場合があります。

      第18条(商品・サービス等の申込)

      1. 会員は、会社所定の方法により、商品・サービス等を申し込むものとします。
      2. 会員は、商品・サービス等の申込を行った日から7日以内(以下「支払期日」といいます。)に当該商品・サービス等の代金相当額を会社所定の方法により会社へ支払わなければなりません。
      3. 会社は、支払期日までに支払が確認できない場合、会員が当該申込を取り消したものとみなし、その旨を当該会員へ通知する場合があります。この場合、会員は当該商品・サービス等を希望する場合、新たに申込手続きを行う必要があります。

      第19条(提携会社のサービスの利用)

      1. 会社は、会員に対し提携会社のサービスを提供することがあります。
      2. 会員が、当該サービスを利用する場合、サービスの提供主体は、提携先であることを認識し、提携先が定める当該サービスの利用条件を遵守する他、提携先から指示を受けた場合は、これを遵守しなければなりません。なお、会員が当該利用条件または提携先の指示に従わなかった場合、本規約に違反したものとみなします。
      3. 会員の責に帰すべき理由により、提携会社のサービスの利用により発生した提携会社の損害に関しては、会員の責任と負担で解決しなければなりません。

      第20条(商品・サービス等の申込の承諾等)

      1. 会社は、会員から第18条による商品・サービス等の申込を受け当該申込に関する支払を確認した場合、当該確認後7日以内に当該申込を承諾する旨または承諾しない旨を通知(以下「承諾通知」といいます。)します。ただし、支払確認後、7日以内に商品の発送またはサービスの提供が完了した場合、当該通知を行わないことがあります。
      2. 会社は、商品・サービス等の申込を承諾しないと決定した場合、当該申込により入金された商品・サービス等の代金を会員が指定する口座へ返金いたします。なお、当該返金に要する費用は会社が負担します。
      3. 会社は、次のいずれかに該当する場合、商品・サービス等の申込を承諾しない場合があります。
      4. (1)商品・サービス等の提供が終了した場合
        (2)商品・サービス等の提供を停止している場合
        (3)商品・サービス等の提供条件に合致しない場合
        (4)その他、やむを得ない理由により、商品・サービス等の提供ができないと会社が判断した場合

      第21条(商品・サービス等の提供)

      1. 会社は、会員からの商品・サービス等に関する申込を承諾した場合、前条第1項による承諾通知に記載されている時期までに当該商品・サービス等の提供を行います。
      2. 会社は、前項による提供ができないことが判明した場合には、直ちに会員に対しその旨を通知し、当該商品の取扱について会員と協議し決定します。この場合、会社は、会員が被った損害につき、当該商品代金を上限に賠償いたします。

      第22条(商品の検査)

      会員は、商品の引渡を受けた場合、直ちに当該商品の検査を行うものとし、当該検査の結果、商品に品質不良、汚損、数量不足その他の不具合(以下「瑕疵」といいます。)を発見した場合、当該商品の引渡後7日以内にその旨を会社所定の方法により会社へ通知するものとします。

      第23条(不合格品の返品)

      会員は、前条により瑕疵ある商品(以下「不合格品」といいます。)を引渡された場合、会社の指示に従い当該不合格品を返品することができます。なお、当該返品に要する費用は、会社が負担します。

      第24条(瑕疵担保責任等)

      1. 会社は、会員へ提供した商品について瑕疵または欠陥のないことを保証します。
      2. 会員は、第22条乃至23条により会社が当該商品に瑕疵があると判断した場合、会社に対して代品の提供、無償の補修、または代金の返金を請求することができます。
      3. 会社は、第22条に定める検査を終了した後、当該検査時において容易に発見できない瑕疵で、検査終了後6か月以内に発見されたものについては前項と同様の取扱をいたします。
      4. 会員は、会社から瑕疵ある商品を提供されたことにより損害を被った場合は、会社に対して当該商品代金を上限にその賠償を請求することができます。

      第25条(瑕疵担保責任期間経過後の措置)

      会員の検査終了後6か月を経過した後に、会社が提供した商品に瑕疵が発見された場合、会員は有償にてその補修または代品の提供を行うものとします。この場合においても、当該瑕疵の発生に会社の故意または重大な過失が認められるときは、会員は会社に対して、代品の納入または無償の補修を請求することができます。

      第5章 その他

      第26条(EXAモールの定期購入)

      会社は、定期的に商品・サービスの購入を目的とした定期購入商品を用意しています。
      購入または利用方法等については、会社が別途規定を定めるものとします。

      関連する規約等

      1. EXAモール定期購入・頒布会利用規約

      第27条(EXAモール電子商品券並びにポイントサービス等)

      会社は、会員向けにEXAモールの商品・サービスの購入を目的としたEXAモール電子商品券の発行やポイントサービス等を実施することがあります。EXAモール電子商品券またはポイントサービスの制約事項、購入または利用方法等については、会社が別途規約等を定めるものとします。

      関連する規約等

      1. EXAモール電子商品券利用規約

      第28条(会員への通知)

      1. 会社は、EXAモールのインターネットサイト上の表示その他会社が適当と判断する方法により、会員に対し随時必要な事項を通知します。
      2. 前項の通知は、会社が当該通知の内容をEXAモールのインターネットサイト上に表示した時点で効力を発するものとします。
      3. 前項に関わらず、会社が会員の登録されたメールアドレスへ通知する場合は、当該通知内容が当該会員へ到着した時点で効力を発するものとします。なお、会員が会社所定のメールアドレスに関する変更手続きを行わなかった場合、会社に登録されている当該会員のメールアドレスに発した通知は、会員に到着したものとみなします。

      第29条(EXAモールの中断)

      1. 会社は、次のいずれかの理由が生じた場合、会社の判断により、会員に事前に通知することなく一時的にEXAモールの提供を中断する場合があります。
      2. (1)EXAモールの提供に関連する設備等の保守を定期的にまたは緊急に行う場合
        (2)火災、停電、天災等の不可抗力により、EXAモールの提供ができなくなった場合
        (3)戦争、動乱、騒乱、労働争議等によりEXAモールの提供ができなくなった場合
        (4)その他、運用上あるいは技術上会社が一時的にEXAモールの中断が必要であると判断した場合
      3. 会社は、一時的にEXAモールの提供を中断したことにより生じた損害については、一切責任を負いません。

      第30条(EXAモールの変更・廃止)

      1. 会社は、EXAモールの全部または一部を会社の判断により、適時変更または廃止できるものとします。
      2. 会社は、EXAモールの変更または廃止により生じた損害については、一切責任を負いません。

      第31条(本規約の改定)

      会社は、会員の承諾を得ることなく本規約を改定できるものとし、また、本規約を補充する規約(以下「補充規約」といいます。)を定めることができるものとします。本規約の改定または補充は、改定後の本規約または補充規約を会社所定のサイトに掲示することにより、その効力が生じるものとします。この場合、会員は、改定後の規約および補充規約に従うものとします。

      第32条(損害賠償の制限)

      会社は本規約に明示的に定める以外に会員および第三者に対して一切責任を負わないものとしますが、万一会社の故意あるいは過失により責任を負う場合があってもその損害賠償額の上限は、個々の取引の金額を上限とするものとします。

      第33条(専属管轄裁判所)

      本規約は日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関し訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所といたします。

      以上

      2011(平成23)年1月1日制定

      2012(平成24)年6月1日改定

      2013(平成25)年9月9日改定

      2014(平成26)年4月1日改定